コントロールジェルME 効果的 使い方

コントロールジェルMEの効果的な使い方

コントロールジェルME,効果的,使い方

コントロールジェルMEは除毛クリームと違い即効性がある商品ではありません。

 

ただ、ムダ毛の毛根に直接作用して、ムダ毛が生えてくるスピードを遅くしてくれたり、ほっそーいうぶ毛にしてくれます。

 

ただ効果には個人差があるので、コントロールジェルMEを塗るだけで
効果を実感できない期間が続くと「あまり効果ない?」と思ってしまう人もいるようです。

 

なので、始めはカミソリと一緒に使うことをおすすめします。

 

ただ、カミソリを使ってムダ毛処理をする時は肌への負担が
かかるので正しく使うことが必要です。

 

カミソリを使う場合はプレケア(事前準備)とアフターケア(事後処理)に分けて考えることが重要です。

 

プレケア

 

@ムダ毛をカミソリで剃る前には必ずお風呂かもしくは蒸しタオルなどでムダ毛部分をよくあたため、濡らして柔らかくしておきましょう。

 

Aシェービングフォームをムダ毛部分にたっぷりと塗ります。この時にボディーソープや石鹸を使われる人がとても多いようですが、
ボディーソープや石鹸だと泡がすぐに無くなってしまい肌を痛める原因となります。かならずシェービングフォームを使うようにしましょう。

 

Bカミソリで毛の流れに沿ってムダ毛を剃っていきます。一枚刃のカミソリでもいいのですが、顔のうぶ毛など
デリケートな部分にはフェリエなどの顔用電気シェーバーがオススメです。

 

ムダ毛が気になるといって何回もカミソリを同じ所に使うと角質が痛み、肌荒れ、色素沈着や黒ずみの原因となります。

 

アフターケア

 

ムダ毛処理をした後、アフターケアで大切な事は

 

@保湿、A殺菌、B美白、C抑毛です。

 

むだ毛を処理した後はどんなに慎重に処理をしたあとでも肌はとても痛んでいます。

 

まずは十分に保湿をしてあげることが大切です。
さらにカミソリで処理をすると傷がついてしまいその傷から雑菌に感染する可能性があります。
なので、殺菌成分の含んだものを使用してあげるといいでしょう。

 

さらにムダ毛処理をすると色素沈着による黒ずみなどの原因となります。
そこで美白成分を与えてあげることで黒ずみを防ぐことができます。

 

最後に、抑毛成分を含んだものを与えて挙げることによりムダ毛の発毛が遅くなり、カミソリで処理する頻度が少なくなります。

 

この@保湿、A殺菌、B美白、C抑毛を同時に行えるものがコントロールジェルMEだと思ってください。

 

という訳でコントロールジェルMEをカミソリと一緒に使ってあげることでより効果を実感できると思いますよ。

 

⇒コントロールジェルMEの詳細はこちらから確認できます



 

⇒コントロールジェルMEの効果は?効くの、効かないの?TOPへ